チャットレディの業者と個人の違いについて

みなさんはチャットレディという職業をご存じでしょうか。
チャットレディとは、インターネットのライブ配信を行うサイトにおいて、リアルタイム(生放送)で男の人と会話等をする女の人のことを言います。
会話の際は主に動画(音声込み)で会話することが多いようですが、中には画像(静止画)やテキスト(文字)のみで自分の姿を相手の男の人には見せることなく会話だけをする人もいるようです。
ちなみにチャットレディは、チャトレと略されることもあります。
現在人気の生放送配信サイトはいくつかあります。
たとえばニコニコ生放送やツイキャス(TwitCasting)などがありますが、ここで配信してる女性はチャットレディとは扱われません。
(ただしチャットレディが普通に放送をしていることはあります。)
チャットレディとは、主に女性と会話したいと思っている男性を相手にお金を取ることを目的としたライブ配信をしている女性のことだからです。
また、専門の業者もあるようで、配信をするための部屋を貸して女性に有料の配信をさせ、それで得た料金の何割かを仕事代として女性に渡しているようです。
業者が絡んだ配信の場合、部屋の様子(壁や家具)や照明の感じで業者だとわかってしまうというケースが多いようです。
ライブ配信に限らずカメラでの撮影は照明が重要です。
ライブ配信でもこれは同じで、業者が貸した部屋で配信がされている場合、部屋の照明が整っているようで、配信している女性の顔もきれいに映っていることが多いようです。
業者が入っていない一般の女性が放送している場合でも、配信用に照明を当てているケースは時々あるようです。
照明を特別に使っていない場合、肌の綺麗さなどでは業者には及びませんが、専用に照明を当てていない分だけその部屋の生々しさが伝わってくるため、そちらを好む方もいるようです。
また、業者の部屋と違って個人による配信では、自分の部屋の中を簡単に移動できたり、または別の部屋に移動しての配信などをしやすいと言えるため、これを売りにすればメリットと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ