電話で悩みを聞くだけの女性向け副業

女性向け副業というジャンルがわざわざ用意されているのは何故なのだろうか。当たり前の事だが、女性の方が向いている仕事が多いからなのだろう。これとは逆に男性向け副業などという物は一度として聞いた事がない。大は小を兼ねるという諺があるが、それと同様に女性は男性を兼ねると言えるのだと思う。仕事をするという視点だけで見てみると、女性の方が有利なのは間違ない所だろう。

そんな女性たちには沢山の女性向け副業が存在している。今時の人は寂しがリやのくせに、友人は少ないからコミュニケーション不足に陥っている。そこで登場したのが電話で話相手になってあげるというサービスである。地方自治体などが無料でやっている相談サービス等もあるが、こちらは担当者の人数が少ない割に電話をかける人が多過ぎるから繋がらない事がとても多い。そこで有料のサービスをビジネスとして始めている企業が出て来ている訳だ。

元々、おしゃべり好きの女性は多い。喋り相手の人達はちょっと元気がないかもしれないが、暇つぶしにはなるだろう。しかも、お小遣いまでもらえるのだから有難い。ただ、気をつけないといけないのは相手を不快にさせてはいけないという事だ。顔見知りの相手と喋るのとは訳が違うのである。あくまでも、これはお仕事だと認識した上で取り組まないと困った事態になりかねない。

話す時のコツは、相手の意見を受け入れるという事である。これは話をする上での最も基本となる行為だ。お喋りが好きな人は自分が前面に出すぎる危険性があるので留意すべきだろう。何となくもどかしく感じるかも知れないが、相手が喋る時間が長ければ長い程、こちらは口を動かさずに済むから楽なのである。

5分、10分ならばともかく数時間になる事もある。いくら女性向け副業が楽とは言っても、それなりに身体にはこたえるのだ。お客さんと会話をしつつも、いかに相手側に一方的に喋らせるかに重点を置くべきだろう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ