会話の達人チャットレディ、その知られざる日常とは?

チャットレディという職業は、まさにプロ中のプロである。どのようなユーザーに対しても、楽しい会話を提供し、さらにその内容を他者に漏らすことは決してない。だが、一対一というサービスの提供方針のために、外部にはその実状が知られていないのが現実である。そこで当オフィスでは、匿名で行うことを条件として、現役チャットレディへのインタビューを行うことに成功した。
取材に応じてくれたのは、30代前半の女性、A.B.さんである。一見するとキャリアウーマン風であり、高級なアクセサリこそ身につけていないものの、身だしなみには気を配っていることが伺える。そこでまず、この服装についての質問を投げかけることにした。
「失礼ですが、チャットレディは直接お客様に対面するわけではなく、声だけで行う仕事ですよね。あまりファッションにこだわる必要はないのではないかと思いますが」
彼女は次のように返事した。にこやかで、丁寧で、決して怒りを顔に出すことがないことからも、彼女がプロフェッショナルであることが伺える。
「もちろん、声だけのお仕事ですから、外見はどうでもいいですよね。はっきり言って、もっと地味なブラウスでも、部屋着のジャージでもいいわけですから。でも、服装というのは自分の気持ちにも反映されるものなんです。丁寧な対応を心がけようとすれば、自然と服装もきれいにしようとするものなんですよ」
「なるほど、目に触れないところにも気を配ることこそ重要なんですね」
「ええ。それに、今はチャットレディとビデオ通話するサービスもありますから、単なる気の持ちようだけではなくなっているんです」
次に記者は、彼女の日常生活について質問した。
「私は元々OLだったんですが、司法試験を受けるための自由時間がほしくて、在宅でできるチャットレディの仕事を始めたんです。今でもその頃のお友達には会いますし、体を動かすことも大切ですから、ジムにも通っていますよ。はっきり言って、OL時代とあまり変わっていないですね」
彼女が言う通り、彼女の日常生活は堅実そのものであり、責任を持って仕事に取り組む姿勢が印象的であった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ