お客さんと話す内容は箇条書きにしておくといいです

いくら人と話すのが得意とは言ってもチャットレディをするのなら、予め話す内容を簡単にメモしておく方が良いのではないかと思います。今日1日だけならば適当にやっていてもどうにかなるだろうと思うのですが、長ければ年単位のお付き合いになる可能性もあるお客さんとの会話で困らないためにも、何を話すべきか考えておく事が大切なのです。

ドラマの台本の様にこと細かに決める必要はありませんし、そんな事はそもそも無理な話です。しかし、箇条書きで書いておく事くらいはできるでしょう。話に詰まったなと感じたら、そちらの方にパッと目をやり、どうするべきかのヒントを得る様にするのが良いのです。大丈夫、私はそんな事しなくてもやっていけるから、と言う女性はまだ未経験なのだと思います。少しでも経験があれば、そこまで気楽にやる事は出来ないでしょう。

では、チャットレディとして初めてお客さんと対面した時にはどうすればいいでしょうか。人と出会った時にはまず挨拶をするのは当然ですが、それをひとしきりやり終えた後は、相手の名前の呼び方を決めるようにするのが大切です。これから長い付き合いになる可能性もあるので、ここの辺りはしっかりとやっておかなければいけません。

とりあえずは○○さんという具合に、さん付けで呼ぶのが良いかなと思います。どんなお客さんなのかまだ分からない段階なのに、きやすくあだ名で呼ぶのはオススメできません。親しき仲にも礼儀ありとは言いますが、まだ親しくもなっていないのですから、その辺りは慎重にならなければいけません。

チャットレディと喋りたいと思っている男性は、これだと決まったタイプが存在している訳ではないのです。人の数だけ個性ありという感じで、それなりに差があるのが普通です。馴れなれしくなってはいけません。かと言って距離が開き過ぎない様にするのが腕の見せ所でしょう。とにかく最初から相手の心に近づき過ぎない様にする事は意識しておいた方が良いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ