思いやりの気持ちがチャットレディには欠かせない

チャットレディで稼ぎたいのだけれど、上手く行かないという人に助言をするとすれば、心から相手の事を思って行動すべきという感じになるかと思う。これは簡単そうに見えて、とても難しい事だと言えるだろう。現代人はフリをするのは非常に得意だったりする。相手の事を心配しているフリとか、真剣に話を聞いているフリという具合である。

だが、不思議なもので、そのような演技というのは他人からは簡単に見抜かれてしまう傾向がある様に思う。自分では分からなくとも、相手から見れば明らかに変な部分が出てしまうのかもしれない。殆どの人達は自分の振舞いを客観的に見る機会など無いだろう。おそらくはこんな感じで喋っているのだろうと、脳内でイメージしているだけに過ぎない。だが、想像と現実というのは意外と差が大きかったりするものだ。こんな時はビデオで自分の姿を撮影してみる事を勧めたい。他人から見た客観的な姿を再確認すれば、きっと参考になるはずだと思う。

ただ、演技するなと言われても難しいかもしれない。演技とは即ち適応であるとも言えるからだ。実際それが上手な人というのは社会への適応力もかなり高めの人が多いと思う。だから、無理をしてチャットレディという仕事に拘らなくてもいいのではないかという気がしないでもない。どんな人にも向き不向きというものが存在しているのだから、あまり気にする必要も無いはずだ。たまたま自分には合わなかったんだと思って別の事をした方が良かったりする場合もあるのだ。

それでも私はチャットレディとして頑張りたいと言うのなら、とりあえず映画や本などのあらゆるメディアに接すると良いだろう。人生というのは人の数だけ存在するという事を知るのに、これらの物は役に立つはずだ。そうなると見知らぬ相手にも優しくなれるし、思いやりの気持ちも強くなる。そういう風になれれば、きっとチャットレディとしての人気も上昇して行くだろうと思うのだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ