主婦の副業のチャットレディーってどうなの?

前々から主婦の副業としてチャットレディーという言葉をよく聞きます。中にはそれで得た収入だといってかなりの札束を映してあるサイトも見たことがあります。そのまま訳すと「おしゃべりする女性」、または「おしゃべりの相手をする女性」になります。そもそもどういうお仕事なのでしょうか?
調べてみると、確かに主婦の副業の中でも高収入を得たいかた向けのお仕事のようでした。パソコンを使って自分の顔も出して男性と会話をする形式のものが一番時給が高いです。ただ、登録した男性からの指名があって初めて会話が始まるので、指名が無い限りはお仕事になりません。
顔を出すって…そんなことしたら自分がこのチャットレディーをしてるのがばれるよ~と思いますよね。ここで驚いたのが変装するんです。カツラとか使って。いつもは短い黒髪のかたがロングの金髪のカツラをつければ確かにパッと見は別人になりますが。ここで思うのが、男性も変装してたりして..ということです。お互い全く別人になって1時間くらいあれこれとお話するのも楽しいのかもしれません。
でも、こういうのは普通に考えたら20代くらいまでしか出来ないのでは?と思ってしまいます。ところがビックリなんです。20代~70代までの女性がお仕事をされているんです!チャットレディーという響きがなんとなくホステスさんみたいな感じを受ける言葉なので驚きです。このお仕事は電話だけ、メールだけのものもあり、そうなってくると中身が大事になってくるんです。疲れたな~と思っている男性を会話で癒してあげられる能力が高い人が人気なんです。
でも、暴力的ないやな相手だったらどうする?という疑問もあります。これで笑ったのが撃退の機能もあるそうなんです。「退場!」の文字でも出てつまみ出されるんでしょうかね。
ちょっと勇気が要りますが、主婦の副業としてこのチャットレディーを長時間されているかたはかなりの収入みたいです。主婦の控除の範囲内で稼がないと旦那さんの税金を払う金額が上がってしまうとか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ