チャットレディもやっぱり見た目が大切かも

チャットレディで稼げるようになるためには、やっぱり見た目が大切かもしれませんね。もちろん、出続けるスタミナと根気の良さも大切なんですが、抜群の容姿を持っているならたまの出勤はむしろ、限定品を手に入れるような感覚が顧客のほうに芽生えるらしくプレミア感があり、出っぱなしよりも効率の面ではかなりよく稼げるとか何とかって話を売れているチャットレディに伺いました。

この仕事はけっこう特殊な仕事なんですが、全体で見ればよくある女を求める男というシンプルな構造がかいま見えています。いつの時代も女にお金をかけていろいろなことをやらせようとするのは変わらないというわけですね。もっとも、さまざまなタイプの産業がありますから、チャットレディは風俗やキャバクラ嬢などと比べたら日陰なのかもしれませんね。そんなことを最近まで思っていましたが、どうも事情が変わってきたかもしれません。

というのは、最近はインターネットのインフラがかなり整いつつあり、チャットレディへ参加する敷居も大幅に低下しているようです。また、怪しい業者が淘汰されて、より業界全体がブラッシュアップされ続けているようで、チャットレディで働くということも以前の「怪しいお仕事」というよりも普通のスキマ時間でも行える副業的感覚で働ける仕事と認識されつつあるようです。しかしながら、やはり個人差で稼ぎの差が大きく出るのはその辺のアルバイトやパートタイマーとは違いますね。出来高制という面も大きいようで、ナンバーワンとドベではその時間あたりの稼ぎが文字通り桁が違うくらいまで飛来してしまうことも良くあるようです。

いつの時代も男は女に見た目と色気を求めるものですが、画面越しで見る相手に求めることも変わらないようですね。これが本当に通話だけなら声色とトーク力勝負のところがあるため違うのでしょうが、以前のテレクラで働いている人たちは今の環境はどう思っているのでしょうか。気になるところです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ